2018年10月07日

シニア世代、英語が話せると世界が何倍も広がる!_無料でペラペラになる!

英語が話せるようになりたい!

海外旅行に行った人は、帰国後に、もっと英語が話せたら旅行は何倍も楽しかっただろうに、と思ったかもしれない。好きな洋画を、字幕なしで味わえたらどれだけ楽しいだろう、と思ったことがあるかもしれない。若いころに留学したいと思い、英語はもちろん、考え方や価値観の違いを知って幅広い知識を得たいと思ったが、結局思いが達成できなかった人もいるかもしれない。

我々がいろんな可能性に夢を膨らませていたティーン時代から30歳代には、英語の勉強をするには市販のカセットテープを買ったり、英字新聞を買ったり、何かとお金はかかる上に、具体的な勉強方法は結局わからなくて、長続きしないことも多かった。(少なくとも私はそうだった)英会話学校も多くないし、あっても月謝はとても高かった。そんな中でも、テキスト代以外は無料の方法が、NHKのラジオ英会話やテレビの基礎英語であった記憶がある。
強い継続力と意志で、ラジオ英会話のみで通訳案内士の資格をとった知人がいるが、それは例外中の例外だったような気がする。

そんな苦労がトラウマになってるのか、英会話を習得するのはとても大変なことだと思っている人が多いのではないだろうか。

インターネットの普及が英会話学習も大きく変えた!

40年前と大きく違うところは、インターネットの普及である。当然のことだが、これは我々シニアにとっても大きな変革である。今まで、インターネットに興味のなかった人も、スマホをもっていれば大丈夫。 好むも好まざるにもかかわらず、ネット普及の恩恵を受けることは、多くの活動にとって、非常に大きなものであると言わざるを得ない。

ネットで語学を勉強するメリットは

①無料もしくは低料金
  地域で習う場合は、語学学校に通うまたは、コミュニティーセンターなどで習うことになり、月謝や会費が発生する。

②移動時間+移動にかかる経費がゼロ
  これは言わずとしれたこと。近隣で英会話学校などに通いたいと思い、よいレッスンを受けたければ遠くにいくこともあるので、身体的負担も大きい。

③世界中の質のよい教育を選ぶことができる
  これは意外に大きい。最初はネイティブに習わなくてもよいと思うかもしれないが、外国人講師の場合、言動ひとつひとつが自然の英会話レッスンとなる。外国人に英語を教える訓練を受けたネイティブの講師は、地方都市ではなかなか見つけることができないが、ネットであれば簡単である。

ネットでの英語学習の方法

さて、核心である。まずは、学生時代に英語を習ってから40年以上まったく英語とは無縁の生活をしてきた人から、海外旅行は好きで団体旅行をよくするという人、民泊などをはじめて、外国人のお客さまに対応したいという人など、レベルも目的もいろいろだと思うが、インターネットを通して英語を学ぶときにあちこちに露出する広告だけに気持ちを奪われず、この60kara読者の皆さんに、真に、すばらしいネットサービスの恩恵を受けていただきたく、考え方や方法を書いてみた。

①日本語で英語を習いたいと思うと、それなりの費用がかかり、多くは基本的には今までの教室での英語学習と大差ない結果になるので、少し無理をしても英語で英語を学ぶ方法をとるほうがよい。

②簡単な英語で英語を習う質の高い無料サイトは多数あり、これは絶対、利用しない手はないと思う。純粋に学習する時間と意欲があれば、無料で多くを学ぶことができることは間違いない。

③基本的に①と②は読むことと聞くことに特化した学習である。ネットで学習するので、読むだけでなく、聞く学習も非常に簡単にできることが特徴だが、一番難しいのは話すことである。話す練習は、プライベートレッスンがお勧めだが、レッスン料はかかる。しかしオフラインでレッスンを受けるよりもずっと安く、レッスンの質はよいと思ってほしい。(今は講師の質は千差万別なので、きちんとした講師を選択する必要はあるが)(最後に書いてあるが無料でプライベート会話をする方法もあるにはある。)

お勧めできるウェブサイト

英会話を学べるネットサイトは本当にたくさんあり、かえって迷うと思う。
どんどん新しいウェブサイトもできているので、これがすべてではないけれども、今、私が、時間を無駄にせず効果的にきちんとした英語を学べると思うサイトをご紹介しよう。

①プライベートレッスン講師の紹介サイト
 ためしに「オンライン英会話」と検索ボックスに入れてみるといい。山ほどの英会話学校の広告と検索結果が出てくるだろう。値段重視となると、人件費が非常に安いフィリピンの講師をつかった学校を選ぶことになる。 発音もマナーもよく、学歴も高い講師を採用しているスクールから、まったくそうではないスクールまでさまざまだ。 確かに根気強くよい講師を見つければ、非常にメリットは多いだろう。

ただ、ここでは、私が唯一全面的に信頼しているサイトを紹介するにとどめておく。

Topic-Time  ほとんどの講師は、日本で英語を教えたことがあるネイティブで、発音もわかりやすく大変綺麗。 このレベルの講師のレッスン料にしてはリーズナブルだと思う。20分の体験レッスンがあるようだ。サイトは日本語である。

追加
italki は、もうひとつお勧めできるサイトである。欧米以外の講師も多数あり、レッスン料も含めて選択肢がとても多い。 

②英語学習者のための英語のサイト

上にも書いたが、日本語で英語を学ぶほうが気軽にできるかもしれないが、なかなか上質で効果の期待できるウェブサイトがない。
一応、英語レベルによって記事に使われる単語や表現の記載がかわっていたり、わかりやすい記事を選んだりしているので、最初は時間がかかるかもしれないが、最終的には無料で一番効果的な学習だと思う。

VOA Learning English

 ・Blitish Council

Landall's ESL Cyber Listening Lab

Breaking News English Lessons

③ネイティブと実際に無料で会話する方法

Language Exchange(言語交換)のパートナーを探すウェブサイトがある。自分はパートナーに日本語を教え、その代わりパートナーは自分に英語を教えてくれるというシステムである。これには料金は発生しない。<英語を教えることができる+日本語を学びたい>と登録している人を探してコンタクトするか、または、自分が<日本語を教えることができる+英語を学びたい>とプロフィールとともに登録してコンタクトを待つかである。ちょっと勇気がいるが、友達関係になるとなかなか楽しいものだ。

Conversation Exchange

④オンライン辞書を上手に利用すれば、効率よく勉強できる。

人によって使いやすさはいろいろだろうが、無料で使えるものも多い。

  ・Weblioポップアップ辞典

  ・Readlang